バストアップ

お金がない女子高生でもバストアップできる?おっぱいを大きくする方法

成長期が過ぎた高校生でも胸は大きくなるか、無料や手軽にできるバストアップ方法についてご紹介したいと思います。 この方法は高校生を過ぎた女性でも効果があるものがあるので、高校生以外の方でもおすすめです。

胸が大きくなるメカニズムとは?

バストは、個人差はありますが、だいたい女性ホルモンが出始める8~12歳頃から成人になるまでに大きさが決まります。 そのため高校生の今ならまだバストは大きくなる可能性があります! このバストの成長期の間に女性ホルモンの分泌量を増やし、食生活を良くし、ストレスをなくしていく事で胸が育ちやすい環境を作ります。 昔はバストのサイズは遺伝で決まると言われていましたが、実は3割程度しか影響していないそうです。 それよりも大切なのは、生活習慣。 つまり努力次第でまだまだバストアップが可能なんです。

バストの構造とは?

バストは、10%の乳腺と90%の脂肪細胞でできています。

ワコールより

そしてそれをバストと繋いでいるのがクーパー靭帯という細胞です。 その中でも、乳腺の量がバストのサイズを決めるのですが、そのためには女性ホルモンの分泌が大切です。 この期間に激しい運動やストレスなどによって体に負担がかかると、女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストの成長も妨げてしまうので気をつけましょう。

バストアップには女性ホルモンが鍵!?

高校生は、バストが成長する大事な時期。 食生活や睡眠を中心に、きちんとした下着を着けたりマッサージや筋トレを合わせる事で、キレイなボリュームのあるバストが手に入ります。 これから紹介する方法は、胸が大きくなるだけでなくスタイルアップや美肌にも効果があるので、ぜひ取り入れてみて下さいね。 ポイントは「女性ホルモンを出すこと」、「バストに栄養が行き渡るようにすること」、「成長したバストを逃さないこと」です。 中でも重要なのが「女性ホルモン」。 高校生の今の時期に女性ホルモンをしっかり分泌する事がバストアップにつながります!

女性ホルモンを分泌する方法

女性ホルモンは、女性らしい身体を作り、生理など身体のリズムに影響を与えるホルモンです。 バストアップには女性ホルモンの分泌がとても大切ですが、沢山の量を出せば良いというわけではなく、分泌量は人によって決まっていてその量を最大限出すのを妨げないようにする事が大切です。 この女性ホルモンは卵巣から分泌され、エストロゲンとプロゲステロンの2つから成り立ち、そのバランスが身体づくりや妊娠などに影響を与えています。
卵胞ホルモン:エストロゲン 女性らしい身体を作ります。以下に関係します。
  • 肌や髪のうるおい
  • 女性らしい身体つき
  • 骨の密度
  • 記憶力や集中力
  • 自立神経
黄体ホルモン:プロゲステロン 妊娠に関係します。以下に関係します。
  • 体内の水分を保つ
  • 妊娠の活動を助ける
  • 乳腺を発達させる
  • 子宮内膜を整える
  • 基礎体温を上昇させる
この2つのホルモンは、月経の周期に合わせて分泌量のバランスを保っています。
  1. 生理後・・・エストロゲンがピーク
  2. 排卵前・・・エストロゲンが減少し、プロゲステロンが出始める
  3. 排卵
  4. 排卵後・・・エストロゲン、プロゲステロンともに増加
  5. 生理前・・・エストロゲン、プロゲステロンともに減少
これらエストロゲン、プロゲステロンがきちんとバランスよく分泌されていないと、バストの成長がうまくいかない事はもちろん、生理が止まったり不順になったりしてしまう事もあります。

女性ホルモンの分泌を妨げる要因

バストのためには、女性ホルモンを最大限に分泌するのが大切であることがわかって頂けたと思います。 少しでも分泌を妨げる要因を減らすために、NG習慣を見て行きましょう。
女性ホルモン分泌を妨げる原因
  • 重大なストレスを感じている
  • 不規則な生活や睡眠不足
  • 過度なダイエット
  • ハードな運動
  • 肥満体型
  • 運動不足
この中でも最も深刻なのが「ストレス」です。 高校生の時期は、友人関係や、家族環境などストレスになりやすい要因が多くある時期ですが、なるべく気分転換をしたり、休息をとって思いつめないようにしましょう。 周りに合わせすぎず、自分らしく在る事も大切な事です。

胸が大きくなる方法

先ほど説明した通り、バストアップには「女性ホルモンの分泌」、「バストに栄養が行き渡るようにすること」、「成長したバストを逃さないこと」が大切です。 それぞれの具体的な方法について見ていきましょう。

バストを逃さない! \満足度90%超えの話題のナイトブラ/ 公式ページ

女性ホルモンの分泌を促すには?

まずは女性ホルモンの分泌を促す方法についてです。 この「女性ホルモンの分泌を促す習慣」は「美容に良い習慣をする」とイメージするとわかりやすいかもしれません。
女性ホルモンアップには?
  1. 栄養バランスの良い食生活
  2. 良質な睡眠
  3. 適度な運動
  4. ドキドキやわくわくを体験

栄養バランスの良い食生活

身体の組織をも作る成長期の高校生の頃は、食生活がとても大切です。 「これを摂取すると良い!」というわけではなく、栄養バランスの良い食生活を心がけてください。 身体に栄養素が吸収されるには、1つの栄養素では難しいからです。 中でも、日本人に合っているバランスの良い和食を心がけましょう。
摂りたい栄養素
  • たんぱく質(動物性、植物性)
  • 野菜
  • 炭水化物
  • 適量の良質な油
食材例
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • キャベツ
  • 納豆
  • ヨーグルト
  • ごぼう
  • バナナ
  • アボカド
  • ナッツ
  • 豆乳
  • マグロ
  • 味噌
  • チーズ
  • オリーブオイル
  • ごま
  • 海藻類

良質な睡眠

「美肌のためにはゴールデンタイムに寝ましょう」という美容情報を聞いた事がある方もいると思いますが、これはバストアップにも有効です。 理想は夜10:00~深夜2:00頃に睡眠状態にある事ですが、なかなか夜10:00に寝るのは難しいと思います。 そこで遅くとも深夜12:00には寝るようにして、7時間くらいを目標に睡眠を確保しましょう。 その際、以下の点にも注意が必要です。
  • 電気はなるべく消す
  • 寝る直前に携帯やパソコンを見ない
  • 食事は2時間前には終わらせる
  • 熱すぎるお風呂に入らない

適度な運動

女性ホルモンを分泌するには、血行を良くする事も大切です。 冷えや凝りは、血行が悪くなり代謝もダウン。 スタイル維持のためにも、適度な運動を心がけましょう。 とはいっても運動をするというよりも、ストレッチや歩く時間を少し増やすなどできる範囲でオッケーです。

ドキドキやわくわく体験

ドキドキやわくわくをするとドーパミンが発生します。 このドーパミンは、エストロゲンと密接で、ドーパミンが出るとエストロゲンにも良い影響を与えてくれます。 新しい事を始めたり、恋愛をしたり、芸能人にキュンとするなどで構いませんので充実した高校生活を送る事もバストアップにつながります。

バストに栄養が行き渡るようにするには

いくら女性ホルモンを分泌させて、バストの栄養につながる食材を摂っても、それがバストに届かないと意味がりません。 特に大敵なのが、身体の凝りや冷え、血流の悪さ。 このような状態は、栄養が届かなくなる原因になります。 ストレッチなどの適度な運動や、肩凝り対策として肩回しなど凝りを解消するエクササイズを取り入れましょう。 また短いスカートやへそ出しはかわいいのですが、あまり身体が冷えないように気をつけましょう。 他にも姿勢を正す事も大切です。 猫背など姿勢が悪かったり、スマホの見過ぎなどは肩や首回りの凝りになります。 するとバスト周りの血流が悪くなるだけでなく、バストを支える大胸筋の筋力も弱らせるので、意識して姿勢をよくしましょう。 他にもバストアップに有効な、バスト周りのマッサージがおすすめです。
おすすめバストアップマッサージ ポイント:
  • バストアップのマッサージは色々ありますが、基本は優しく、そして「下から上」、「外から内」の流れ
  • 脇の下や鎖骨周りには、バストアップに刺激を与えるツボや血管があるので、優しくもみほぐしていきましょう。
  • クリームやオイルを使うとスムーズです。
  • 10分程度を目安に毎日行うと良いでしょう。
  • お風呂上りなど身体があったまったタイミングだとより効果的です。
マッサージ①
  1. 両手をバストの脇にクロスに置く
  2. 左右バストを包む
  3. バストを内側に円を描くように丸くなぞる
マッサージ②
  1. マッサージ①と同様にバスト脇に反対側の手を置く
  2. バストを下から上に優しく持ち上げる
マッサージ③
  1. 片方のバスト下に両手を置く
  2. バストの付け根下くらいからバストを持ち上げる(左右の手を交互に)
マッサージ④
  1. バストの上部分両側に、反対の手の平を置く
  2. 鎖骨当たりまで持ち上げる

成長したバストを逃さないこと

食生活や睡眠、運動、マッサージなどでせっかく成長したバストを脇や背中に流さないようにする事も大切です。 そのためには2つの方法があります。
  1. 筋トレで大胸筋を鍛える
  2. サイズの合った下着を昼夜着ける
その方法を見ていきましょう。

筋トレで大胸筋を鍛える

バストはクーパー靭帯という細胞でつながれています。 このクーパー靭帯は激しい運動や刺激で切れたり伸びてしまいます。 一度伸びたクーパー靭帯は元には戻らず、バストが流れる原因となります。 クーパー靭帯を守りつつ、バストの支える役割のある大胸筋を鍛えてしっかりとした土台を作りましょう。
おすすめトレーニング
  1. 広め腕立て伏せ 通常の腕立て伏せより、腕を広めに開いて腕立て伏せをしましょう。
  2. 合掌のポーズ 身体の前で手を合わせて、左右の手を押し合いましょう。

サイズの合った下着を昼夜着ける

バストの位置を高く保ち、バストが横に流れないようにするには、サイズの合った下着を着ける事がとても重要です。 また、昼間は着けているけど夜は着けていない、あるいは昼用の下着を着けているのは、あまりよくありません。 バストアップをしたいなら、夜は専用のナイトブラを着用しましょう。 その理由を見ていきます。

サイズの合っていない下着のデメリット

バストの9割は脂肪細胞でできており、脇や背中の脂肪の延長にあります。 そのため、長期間サイズが合わない下着を着けて脇からバストがはみ出ていると、脇にバストが流れてしまいます。 逆に、正しい位置にバストが来るような、サイズの合った下着を着けていれば成長したバストはそのまま固定されます。 また激しい運動やバストへの揺れでクーパー靭帯が伸びると、下に垂れたり、脇に流れたりするので、フィットした下着はバストの揺れを抑える効果もあります。 日本人女性の7割以上がサイズの合っていない下着を着けているそうなので、なるべく下着を買う際はフィッティングをしてサイズを測ってもらいましょう。

ナイトブラが必要な理由

就寝時は、どんな下着を着けていますか? 恐らくリラックスができるスポーツブラや何も着けずに寝ているのではないでしょうか。 実は就寝時は、日中以上に動きが激しい時間帯と言われています。 「え・・・寝ているだけなのに?」 と思うかもしれませんが、寝返りやうつぶせなど気づかぬうちに激しい動きをしています。 そのためカップ付きのブラで、揺れないようしっかり守る事が大切です。 その際、日中用のブラではだめなの?と思うかもしれませんが、日中用ブラは上下の揺れには強いのですが左右の揺れにはあまり適していません。 日中用ブラはあくまで、立った姿勢を想定して作られているからです。 就寝時の左右の揺れには、左右の揺れ対策に強いナイトブラが必要です。

高校生におすすめのナイトブラ

高校生に人気のナイトブラが、ふんわりルームブラです。 SNS映えするかわいさから、インスタにアップする女性が増えて若い女性の間で人気になっています。 https://www.instagram.com/p/BwXC_QJhPRt/ ふんわりルームブラは、医療機関のプロも巻き込んで商品開発されたため、効果を実感しやすいナイトブラです。
ふんわりルームブラおすすめポイント
  • ノンワイヤーなので、着け心地がストレスフリー
  • パワーネットでしっかりバストを固定して横流れ防止
  • 3段ホックでバストをしっかり寄せてふくらみをup
  • パッド付でバストが潰れてしまうのを防止
  • 幅広のパワーネットで二の腕や脇に流れるのを防止
  • デリケート部分は、肌に優しい綿100%使用
  • 血行upのゲルマニウム、リラックス効果を与え代謝upのチタン、匂い対策の銀配合
  • かわいいデザインと、11色のカラーバリエーション
  • 手の届きやすい価格
  • 豊富な6サイズ展開
値段は一枚あたり3,980円します。 高校生には少し奮発する値段かもしれませんが、胸が大きくなるなら高くありません。 バイト代で買うもよし、お母さんに「将来のバストのために・・・」お願いするもよし、「バストの垂れを解消できるんだって、一緒に使わない?」と誘ってみるのも良いでしょうう。 高校生だけでなく、50代、60代の女性でも愛用者がいるんですよ♪

ナイトブラデビューなら \ふんわりルームブラがおすすめなワケ♥/ 公式ページ

使った人の声

  • 初めての購入で不安もありましたが、サイズピッタリ!フィット感バッチリ!安定感バツグン!素材もよく、とても気に入りました。再購入しながら使い続けたいと思います。
  • すごくお肉を支えてくれるホールド感はあるけれど、きついといったことはなく寝てる間違和感を感じることないです。
  • 前にホックがあり寄せやすくて良いです。もう一着買おうと思います!
もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。
ふんわりルームブラは小さい胸でも盛れる?盛れない?「ちゃんと谷間ができるかどうか」というのが気になりますよね。 SNSでふんわりルームブラを紹介している女の子たちを見ると、キレイな谷間が...

バストアップは努力で叶う!

いかがでしたでしょうか。 お金をかけなくてもバストアップする方法がたくさんありますよね。 高校生の今なら、努力した分だけ胸は大きくなる可能性があるので、一つでも取り入れてみてください。 しかも、バストアップに良い生活習慣を心がけると、自然とスタイルアップするので、無理なダイエットをしなくてもキレイに痩せていくと思います。 また、女性ホルモンのおかげで肌もつやつやに♥ お試しあれ~! ]]>